そして最後に、フィルムについてですが、現在のカメラの仕様としては写した画像自体はSDカード形式での基本保存仕様になっていますので、これが昔でいうあのかつてのネガ式であるフィルムにあたります。このため、このカメラ用SDカードの事を別名フィルムカードあるいは従来の呼称である単にフィルムなどと呼んだりするような場合もあります。

このフィルムカードも一緒に売る事が出来る、あるいはセットとして買取専門業者への売却が可能かどうかについてですが、基本的に、フィルムカード自体は新しく購入をしたうえで、それを装着をさせたような状態で買取業者への査定に出すことが無難といえます。

やはり、以前使用をしていたままのSDカードの内にある消したはずのデータを、何らかの形で再生を見ず知らずの人間にされたりして何らかの問題などに発展したりしてしまうような事態とかも、決して無いとはいえません。そういった突発的なトラブルなども想定をしたりしたうえで、新しいフィルムカードを内蔵装着をした状態で売るならば、誠意ある悪意の無いまっとうな買取業者とかであれば、高値での買取査定などをしてくれたりするような可能性もありますので、これはぜひやるべきである手段といえます。